2005年06月23日

【 フライフィッシング 】雪代明けの幻想 / 新潟

サッカーのワールドユース開幕戦を見ていたらすっかり出発が遅くなってしまった。今日の目的、新潟にある魚野川の支流までは一般道で約250キロの距離、真夜中なら5時間ぐらいで行けるが、すでにすっかり明るくなってしまったこの時間からでは、もっとかかるだろう。やれやれ、と思いながらも試合を見ながらまとめていた荷物を車に放り込み、走り出す。

気温はあまり高くないが、いつもより湿気を多く含む風が吹き抜ける。日本の南海上を通過中の、季節外れの台風4号の影響だろう。まったく自慢にはならないが、6月から10月にかけてどこか遠出しようとすると、必ずと言っていいほど台風が近寄って来る。ここまで毎回のように続くと、もうこれはあたり前の事のようで、自虐的な気分になる。それでも、今回は直撃しなかっただけ、まだましといえる。

050623_1.jpg

国道16号線を北上する、土曜日の朝だと言うのに大型のトラックも多く、気分はあまりすっきりしない。埼玉県内に入り407号線から254号線へと抜け、群馬県に入ると県道13号線で前橋市内を通過する。毎年走っている道なので、地図は確認のためにたまに見る程度ですむ。前橋市内からは国道17号線をひたすら走るだけだ。

眠気覚まし用のドリンク剤で、何とか保っていた緊張感も沼田を過ぎるあたりで怪しくなり、月夜野の近くで仮眠をとる。しばらくは気持ちよく眠れたが、暑さで目が覚める。厚い雲がかかっているが、薄日がさすだけでもかなり蒸し暑さを感じる。

まだ、ぼうっとしていたがコンビニで買ったブラックコーヒーをごくごくと飲みほし、気を取り直しまた走り出す。猿ケ京に近づき雨脚が強くなるなかを、くねくねとした峠道を登っていく。
三国峠のトンネルを抜け新潟県内に入ると、相変わらず曇ってはいるが、雨はあまり降っていなかったようだった。群馬側の狭い道とは違い、新潟に入ると道が広く開放的な風景と変わり、残り30キロ程度の道のりはリラックスした気分で通り抜けられる。

行きつけの田畑屋に着いたのはすでに2時近くだった。ここの「へぎそば」を食べないと新潟まで来た意味がないと言っても良い。中をのぞくと友人たちが見えた。毎年この時期に集まるメンバーだ。それぞれ会うのはしばらくぶりなのだが、そんな感じはしない。
皆はすでに食べ終わっていたので、一人で田畑屋セットを注文する。ここのメニューはボリュームたっぷりでとても美味しい。「へぎそば」はこのあたりの名産物で、つなぎに布海苔を使い、ツルッとした食感が特徴。ボソッとした田舎風そばとは、また違った味わいがある。

ヤマダさん、イズミヤさん、コウムラさんの3人が、早起きして採ってきてくれたネマガリダケの"皮むき"を終え、イブニングの釣りの算段をする。モトヤマさん、タクノさん、カシオさんの3人は、魚野川本流で大物狙いのようだ。バンドウさんと僕は支流に入る事にした。

支流の様子を見て回る。雪代の影響はまだ残り水量は多めだが、何かが起こりそうな予感はあった。新潟など日本海側の雪が多い地域では、渓流が春を迎えるのは遅い。あたりの景色は春から初夏を迎え、青白い雪代の太い流れが、透明で穏やかな流れに変わる直前に、渓の生命は爆発的に活動を始める。

いつも入るあたりに車を止め、ウェーダーを履き、先日手に入れたバンブーロッドを繋ぐ。そしてティペットにフライを結ぶ頃には、すでにバンドウさんは、300メートルぐらい先まで釣りあがっている。上手い人は、準備もやたらと早いものだ。
僕はちょっと下流に歩いていき、適当なところから川原に降りた。この辺りの川岸は人工的な護岸に被われていて、200メートルおきぐらいに背丈ほどの高さの堰堤が続いている。何とも味気ない風景ではあるが、大きな石がごろごろと転がっていて、イイ水が流れている。

050623_2.jpg

堰堤上のとろ場を眺めると、中型の白っぽいメイフライのハッチが始まり、小さな波紋が広がっている。僕は14番のCDCダンにフライを結び換え、ライズの1メートルほど上流に静かにその毛針を落とす。ライズがあったあたりを通過すると、フライは音もなくスッと水面から消える。一瞬間をあけて、軽く竿を持ち上げ合わせる。その瞬間、ぐぐっと心地よい重みを感じ、竿先が引き込まれる。25センチほどのイワナだった、雪代に洗われた白っぽい魚体が美しい。ここでは、同じようなサイズの魚が5匹釣れた。
堰堤下のプールに移動すると、流心で弾けるようなライズが繰り返されている。フライを白っぽいソフトハックルに交換。毛針を少し水に馴染ませて、タイミングを見計らい流心を少しだけ沈めて流す。バシッという音とともに水面が弾ける。
今度の魚はさっきのよりも大きい、プールに沈む大石に向かってぐぐっと竿が引き込まれる。何とか引きずり出すようにして寄せてきた魚は33センチのイワナ。この魚はさっきのとは違い、体色が黒っぽく腹がオレンジ色の、いかにも居着きといった野性的な表情をしている。
車に戻ると、バンドウさんもちょうど戻ってきたところだったが、その表情はとても満足そうだ。
最後に、明るいうちに見に行っていた取水堰堤上のプールに行く。
だいぶ暗くなった空を見上げると、いつの間にか無数のメイフライのスピナーが舞っている。こんなすごいスピナーフォールは久しぶり。まるで霧がかかっているように見えるほどの量だ。
僕はすでに満足していたので、上からバンドウさんの様子を眺めている。しばらくすると流心の向こう側の巻き返しで、ポツッと小さなライズが始まっている。
バンドウさんは、しばらくそのライズを観察し、慎重にフライを落とし大きなメンディングを入れる。フライはまるで生命が果て水面に力なく浮かぶスピナーの様に自然に浮かんでいて、ふっと消える。こいつは大きい、、、バンドウさんのスコットG823/4が大きく引き込まれる。下流に走った魚は大きな石の下に潜り込もうとし、必死に耐えるバンドウさん。5分ぐらいそんな状態が続いて「あっ」という声が渓流に響き、気付くと竿はまっすぐに戻っている。

050623_3.jpg

「ユージさん、そろそろ起きたら〜」という声で目が覚めた。

そうだった。地元のヤマダさんのお母さんが作ってくれたネマガリダケの料理、コウムラさんの絶妙な山菜の天ぷらをたらふく食べ、イズミヤさんが持ってきた美味い酒を飲み過ぎていつの間にか眠ってしまったんだ。

僕はふらふらとトイレのほうに歩きながら、やっぱり夢か、と一匹も釣れなかった今日の釣りを振り返ったのだった。
まあ、夢でも釣れれば良いか。

050623_4.jpg

写真上:高さ10メートルの大堰堤の脇に増設された魚道。水がまともに流れているのを見た事がない。無意味な公共工事の一例。 / 写真下:翌日の帰り道で見かけた不思議な現象。

050623_5.jpg

「人気blogランキング」

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリックお願いします。

++++++++ 名産品お取り寄せ +++++++++
● へぎそば
● 新潟南魚沼産 - こしひかり
● 越後の名産品 - 笹団子

posted by yuji at 16:21| Comment(7) | TrackBack(0) | FF / アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月30日

【フライフィッシング】僕が桂川での釣りをやめた理由

050529.jpg

友人達に「もう桂川では釣りをしない」と宣言してから2年が経った。その間、一度だけ付き合いで川原に1時間ほど立っていた事はあったが、それ以外は竿を持って川原に行ったことはない。(忍野地区は除いて)

山梨県内を流れる桂川(正式名称は相模川)は、山中湖や忍野村内の湧水を水源とし、富士吉田市、西桂町、都留市、大月市内の湧き水や雨水を集めながら下り、神奈川県内に入ると相模川と名前を変え、相模湾に流れ込む。
神奈川県内の水道水の約40%(宮ヶ瀬ダムを入れると60%)は、この相模川を水源としている。

1.小型のダンプカーがバックしてきて、護岸の上から川原に向けて建築廃材を捨てていく
2.川の流れの中に立っていると、オバちゃんが上流の橋の上から生ゴミを捨て、僕の周辺をゴミが流れていく
3.とある支流で、川から崖の上を見上げると、住宅の庭から、くっきりとゴミを捨てている跡が残っている(=日常的にゴミ捨て場にしている)
4.とある支流では、生活排水だけでなく汚水まで流れ込んでいるような匂いが漂う場所がある
5.富士吉田市内の支流で釣りをしていたら、川が紫色に染まった、染色工場が排水を流しているそうだ
6.とある支流で釣りをしていたら、雨も降らないのに突然川がドロドロに濁った、なにか工場の排水のような匂いがする
7.川原に建築廃材が山のように積まれている
8.川に冷蔵庫が沈んでいる
9.川にオートバイが沈んでいる
10.一見綺麗に見える水だが、川の中を歩くと川底に溜まったヘドロからメタンガスが浮いてくる

全てが日常的なことではないが、これは現実に体験したことだ。そして、この川が尋常でないほどゴミが多いことは、富士吉田、西桂、都留、大月あたりの桂川へ通っている釣り人にとっては、常識となっている。しかもここでは、観光客が捨てる空き缶だけではなく、明らかに日常生活の中から生まれるゴミが多い。
釣りをしない一般の人が、どの程度この現状を知っているのだろうか?(少なくても神奈川県民はこのことを知っておいた方が良いと思う)

かつて、川が生活の中心にあった時代があったはずだが、いま川は生活の裏側を流れる、都会の真ん中では地下を流れている場合もある。もっとも現在でも世界を見渡せば、川を中心に生活を営んでいる人達がまだまだ存在するが、、、

あまりアウトドアと接点がなかった僕が、川へ行くようになったのはフライフィッシングがきっかけだった。おかげでそれまでとは違った視点を持てることになった。
かなり山奥に行っても、交通量が多い道路脇やキャンプ場などが多いエリアでは、空き缶やコンビニの袋などのゴミが多い。これは、川の側から見た時に初めて気付くことで、道路側から眺めても「緑が美しいね」ぐらいにしか見えない景色だと思う。

桂川は豊富な湧水のおかげで、魚の成長が早い。他の小渓流とは比較にならないほど大型のヤマメ、イワナ、ニジマスなどの魚が釣れるため、釣り人にはとても人気がある。
僕もある時、偶然に巨大な魚を掛けてしまって以来、しばらくは足繁く通っていた。それでも、だんだん行くことが憂鬱になって来て、あるときプッツリと釣りをする気になれなくなってしまった。
その後、古本屋で見つけた古い雑誌の中で、僕の気持ちを代弁してくれている記事を見つけた。


もう7、8年前になると思うけれど、僕は山梨県大月市を貫流する桂川にアマゴを求めて熱心に通っていた時期があった。
僕は当時、桂川に通いながら、なんだかやたらとイジケていたのである。ただ釣れるという理由だけで桂川に通っている自分と、川で会う釣り人を軽蔑するようになった。
知っている方も多いと思いますが、大月を流れる桂川には生活必需品のあらゆる残骸が投げ捨てられています。今思い出しても、それはさながらゴミ箱の中の釣りであった。だが、そんな川でも釣れるから人が訪れる。そのことに漁協も甘えて、川の凄まじい有様には眼をつむっているとしか僕には思えなかった。釣り人が訪れなくなれば、地元も考えを改めるかもしれない。釣り人は積極的に桂川を釣り場から外して無視すべきだ、と僕は考えた。
僕は自分で言うのもなんですが、釣りに行けば必ず入漁券を買い(当然でした。ごめんなさい)、昼食は川の近くの食堂かパン屋で求めた物で済ませるように気を遣っている。どうしてそうするのかというと、いい川のある街の店は釣り人の僕の落とした金で多少なりとも潤ってもらいたい、と考えているからです。だから、そんな僕が桂川に行くのをやめるというのは、それが僕にとっての大月市民に対する小さな小さな経済制裁のつもりだったからです。
(フライの雑誌18号/1991年12月発行「川を利用した大規模ゴミ処理装置がある街」碓井昭司著より一部抜粋)


これは、もう20年も前のことだから、現在の状態と比較することは難しい。それでも相変わらず "ゴミの多い川" であると釣り人の多くが感じている。

僕にとってはもう、桂川での釣りは "吐き気がするほど" 不快なことだが、かといってこの川での釣りを楽しんでいる他の釣り人を非難するつもりはない。
釣り人が川にいることが、ごみを捨てようとする人に対しての抑止力になる、という考え方もあるかもしれない。
だから、釣り人には少しでも川にゴミを残して欲しくないし、ゴミを捨てようとすることに対して敏感でいて欲しいと思う。
ただし、そういった中には、荒っぽい人達もいるだろうから、くれぐれも気をつけて欲しい。

「人気blogランキング」

「旅ネタ・ドット・コム」

ランキングに参加しています。
生意気なことを書いちまいましたが、よろしければクリックお願いします。

posted by yuji at 00:49| Comment(45) | TrackBack(3) | FF / アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

【 FF 】できれば、ムカつかずに釣りをしたい

いま知り合いに「これからフライフィシングを始めたいんだけど、、、」と言われたら、たぶん答えに困るだろう。
自分でも満足できる川がないのに、初心者を連れて行って「どぅ?楽しいでしょ?」なんて言えるわけがない。

インターネットなどで情報がすぐに伝わるからかもしれない。
最近は魚が多い川はとにかく人が多く、釣れなくなると、ぱったりと人が途絶えてしまう。しかも、美しい渓相の川ほど、あっという間にその姿に似つかわしくないほど魚がいなくなってしまう。そんな傾向が強くなったように感じている。

個人的には、割り込まれたり割込んでしまったりのストレスフルな釣りはしたくないので、必然的に人の少ない(=釣れそうもない)川に行くことが多い。

050523_1.jpg

伊豆の渓流もそんな川のひとつだ。解禁直後の3月と他の渓流が禁漁になる10月にしか、釣り人に注目されない。
だから、まだ鮎釣りも解禁されていない時期は、川で釣り人に会うことはあまりない。それに、地元の人と話しても「ヤマメ釣りか? 釣れないだろ」とたいてい言われるし、海が近いせいか、そもそも渓流釣りにはあまり興味がないようにも思える。
※伊豆で釣れるのはアマゴだが、地元の人はヤマメと呼んでいる

なにしろ、釣り券を買いに行っても「どうせ釣れないぞ」感が伝わってくるもの。
渓流釣りが盛んな地域では、こっちが聞かなくても「あそこはデカイのいるよ」なんて嘘か本当か良く分からない情報を教えてくれるのだが、、、。

050523_2.jpg

いつもの場所に車を止めて、川への小道を歩いている途中、広場でゲートボールをしてるお年寄りに挨拶すると「ヤマメか? 釣れないぞ」とやっぱり言われた。

それでも、小さいながらもアマゴが3匹釣れた。
実を言うと、2年前に注文したバンブーロッドが手元に届き、この日初めて使った。伊豆の川では、いつもは釣れてしまうハヤやオイカワといった雑魚が、不思議とこの日は1匹も釣れなかった。
それもあり、2時間ほどの短い間の釣りだったが、それなりに楽しめた。

ただ、きれいで飽きのこない景色の中で、楽しく釣りをしたい。それなりの大きさの美しい魚が何匹か釣れて欲しい、それさえも今の日本では難しくなってきている。
ならばせめて、できればムカつかずに釣りをしたい。

050523_3.jpg

050523_4.jpg

「人気blogランキング」

「ホームページランキングネット」

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリックお願いします。

posted by yuji at 02:26| Comment(5) | TrackBack(0) | FF / アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。