2005年06月20日

【 写真をめぐる旅 】東京を撮る / 片岡義男

片岡義男といえば、1980年代にとても売れていた作家、そして角川映画。そのころ読んだことがあったような気もするのだが、この程度の知識しか持っていなかった。
だから、書店で彼の撮った写真集を見かけたときも、最初は「あれっ、片岡義男って誰だっけ?」とすぐには作家の片岡義男とは結びつかなかった。

僕の手元にあるのは「東京のクリームソーダ」という本。出版社が倒産してすでに絶版になってしまっている。
この中で登場するのは、おもに東京の下町といえる場所。
まず、僕自身も歩き回ったことがある場所も少なからず含まれている、ということでとても興味が持てた。
それと、彼が撮る写真は、東京によくある風景のようだが、切り取り方が独特でおもしろい。
しかしながら「スタイリッシュで、かっこいい男と女が登場する小説」という、僕の持っていた彼の小説に対する貧困なイメージと、これらの写真はどうしても結びつかなかった。

050619.jpg
写真:トークセミナーが行われた吾妻橋のアサヒビールの建物、通称"う*こビル”

先日、雑誌 " Coyote (コヨーテ) "主催の「風景を撮る、東京を撮る」という片岡義男さんのトークセミナーに参加してきた。
編集長の新井氏と片岡さんの対談形式で、彼の写真と東京について語る、という内容であった。

片岡さんの小説は、どこかリゾート地のような場所が舞台になっていることが多い、という勝手なイメージを持っていたので、東京に愛着を持って、写真を撮り続けていることは意外だった。
商店街に架かる提灯、飲食店の店頭にかざられるサンプル、映画のセットのようなひなびた飲食街の路地、意味不明な案内看板、なにか意味ありげな番地の表示、店頭に貼られる女性タレントのポスター、などの面白さについて語られる。

その中で、編集者の人が構成したスライド・ショーは、とても秀逸だった。ある意味、すべて表現していたといっても良いかもしれない。現実にある(または、あった)東京の街並は、ひどく"非・現実的"な光景として映しだされていた。それは、サウンドトラックとして流れていたジャズのせいかもしれないが、どこか違う世界の写真のようにも感じた。

「様々な色・形・素材の重なり合いを、ある角度からある画面で切り取ること」「ある美学に基づいた構成こそが重要」という趣旨のことを言われていたように記憶している。
コラージュとして平面に記録された"作り物のような"リアリティのない風景。これは東京という街の本質ではないか、と納得してしまった。
また、現在興味ある写真家として、ステファン・ショアをあげていたのも、なるほどなと思った。

写真と文章の間の結びつきはない、と言っていたが、片岡義男の昔の小説も少し読んでみたくなったし、またひさしぶりに東京の街を歩いてみたくなった。

<片岡義男の写真集>
● 東京を撮る
● 東京22章 - 東京は被写体の宝庫だ。
● ホームタウン東京 - どこにもない故郷を探す

<関連書籍>
● Uncommon Places / Stephen Shore
● コヨーテ 2005年7月号
● Pictures from the Surface of the Earth / ヴィム・ヴェンダース

「人気blogランキング」

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリックお願いします。

posted by yuji at 01:03| Comment(7) | TrackBack(2) | 写真/本をめぐる旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月09日

【 本をめぐる旅 】いつも旅のなか / 角田光代

いつも旅のなかいつも旅のなか
なんというか、とても "つっこみがい" がある旅のエッセイなのだ。
「おいおい、そりゃやばいだろ?」や「なんで、そうなるの?」や「それ、おかしいっ!」などと思いながらも、カクタミツヨ・ワールドに引き込まれていく。
というか、「このひと大丈夫なんだろうか」と読んでる側がどんどん心配になってくる、と表現したほうが正しいかもしれない。

モロッコでは商売上手な少年につきまとわれ、ギリシャのリゾートでゴージャスな旅のはずがまったくの季節はずれ、と思えばそのまま「かかとの高いブーツにキャリーケースをひきずる」という格好で修道院を巡り延々と歩き。ゲリラ活動まっさかりのスリランカを何も知らずに旅する、と思えばフィレンツェを悪の巣窟かと思っていた、と。

とはいえ、「旅は好きだが旅慣れていない」と自称する割りには、好奇心だけでふらっとバックパックを担いで一人旅に出かけてしまう。そんなスタイルは個人的にとても親近感がある。
角田さんがよく出かける旅先は、必ずしも自分のとはオーバーラップしていないのだが、ガイドブックに頼らずに自分の目と感をたよりに旅し、それを等身大の言葉で表現した文章は、自分の旅に対する思いにダイレクトに響いてくる。

ところで、そんな角田さんは "彼氏体質" で「過去に彼氏がいなかったのは3ヶ月のみ」だそうだ。(ダヴィンチのインタビュー記事にそう書いてあった)
最新刊 「この本が、世界に存在することに」のあとがきには
「私は別れた恋人とほとんどの場合友達になる。現恋人にも会わせるし、ふたりきりで酒を飲みにいったりもする。それが私はふつうのことだと思ってた」
とある。

はぁ、、、はっきり言って、現恋人にも元恋人になるのもごめんこうむりたい感じなのだが、彼女の旅のエッセイを読んでいる自分はまるで現恋人のように彼女の事が気になるし、読み終えたあとも元恋人のように酒に付き合わされているかのような感じがつきまとう。

カクタミツヨの本はくせになる。あなたも気をつけたほうがいいですよ。

角田光代の本をアマゾンで探す

「人気blogランキング」
「旅ネタ・ドット・コム」

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリックお願いします。

posted by yuji at 23:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 写真/本をめぐる旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月08日

【写真をめぐる旅】うたたね 川内倫子

050508.jpg

やっとゴールデン・ウィークも終わり。
もともとGWなんて関係ない僕は、ずっと仕事をしていた。もっとも「お前はさんざんニュージーランドで遊んできたじゃないか」とお叱りをうけそうですが、、、。
そんな訳で仕事以外で出かけたところといえば、近所のプチ森林公園ぐらい。

ここへは、1年前ぐらいから週に4日は通い続け、歩いている。1周30分ぐらいの多少高低差のあるコースを、2〜4周。距離にして6〜12キロぐらいになると思う。
普段、体力を使う仕事をしている訳ではないので、体力維持というのが1つの目的。そして、できればあと5キロぐらい減量したい。そうしたら、すこしずつ走ろうかな、と思っているだが、いっこうに痩せる気配がない。
それどころか、今の体重を維持するのがやっとで、雨で2日ぐらい歩かずにいると一気にリバウンドしてしまう。まったく困ったものだ。

話がずれてきてしまった、、、。
GW期間中でも、僕と同じように歩いたり、ランニングしたり、犬の散歩をしたり、といつものようにすれ違う人たちがいる。その一方で、普段見かけない人が、家族で遊びにきていたり、写真を撮っていたり、少年がスケボーをしていたり、子供達が池で小魚を捕まえていたり、する。
しかしながら、そんないつもとは違うことも、僕にとっては日常の一コマである事にかわりはない。

川内倫子の写真には、そんな日常を非日常に変えるような、不思議な力がある。
あたかも自分が、(存在しないはずの)エーテルになり、空中を浮遊しながら世界を被いつくしているような感覚。ある時は限りなく対象に近づき、次の瞬間には他の自分がすべてを客観的に見下ろしている。しかし、その存在はとても危ういバランスの上に立っていて、ふと気付くとすべてが蒸発してしまいそうな、、、。
一見、露出オーバーでピンぼけ、おまけに傾いている写真。ただそれだけの写真、のように見える。それでも、ほかの人には見つけられない、オリジナルな空気をとらえていると思う。

追記:
そういえば、この写真集には「世界の中心で、愛をさけぶ」の原作本の表紙写真。といえばわかる方も多いかもしれませんが、あの写真も収められています。

4898150527
うたたね
川内 倫子

関連商品
花火
花子
AILA(アイーラ)
Cui cui
The eyes,the ears,
by G-Tools

「人気blogランキング」

「ホームページランキングネット」

posted by yuji at 02:44| Comment(4) | TrackBack(1) | 写真/本をめぐる旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。