2005年05月08日

【写真をめぐる旅】うたたね 川内倫子

050508.jpg

やっとゴールデン・ウィークも終わり。
もともとGWなんて関係ない僕は、ずっと仕事をしていた。もっとも「お前はさんざんニュージーランドで遊んできたじゃないか」とお叱りをうけそうですが、、、。
そんな訳で仕事以外で出かけたところといえば、近所のプチ森林公園ぐらい。

ここへは、1年前ぐらいから週に4日は通い続け、歩いている。1周30分ぐらいの多少高低差のあるコースを、2〜4周。距離にして6〜12キロぐらいになると思う。
普段、体力を使う仕事をしている訳ではないので、体力維持というのが1つの目的。そして、できればあと5キロぐらい減量したい。そうしたら、すこしずつ走ろうかな、と思っているだが、いっこうに痩せる気配がない。
それどころか、今の体重を維持するのがやっとで、雨で2日ぐらい歩かずにいると一気にリバウンドしてしまう。まったく困ったものだ。

話がずれてきてしまった、、、。
GW期間中でも、僕と同じように歩いたり、ランニングしたり、犬の散歩をしたり、といつものようにすれ違う人たちがいる。その一方で、普段見かけない人が、家族で遊びにきていたり、写真を撮っていたり、少年がスケボーをしていたり、子供達が池で小魚を捕まえていたり、する。
しかしながら、そんないつもとは違うことも、僕にとっては日常の一コマである事にかわりはない。

川内倫子の写真には、そんな日常を非日常に変えるような、不思議な力がある。
あたかも自分が、(存在しないはずの)エーテルになり、空中を浮遊しながら世界を被いつくしているような感覚。ある時は限りなく対象に近づき、次の瞬間には他の自分がすべてを客観的に見下ろしている。しかし、その存在はとても危ういバランスの上に立っていて、ふと気付くとすべてが蒸発してしまいそうな、、、。
一見、露出オーバーでピンぼけ、おまけに傾いている写真。ただそれだけの写真、のように見える。それでも、ほかの人には見つけられない、オリジナルな空気をとらえていると思う。

追記:
そういえば、この写真集には「世界の中心で、愛をさけぶ」の原作本の表紙写真。といえばわかる方も多いかもしれませんが、あの写真も収められています。

4898150527
うたたね
川内 倫子

関連商品
花火
花子
AILA(アイーラ)
Cui cui
The eyes,the ears,
by G-Tools

「人気blogランキング」

「ホームページランキングネット」

posted by yuji at 02:44| Comment(4) | TrackBack(1) | 写真/本をめぐる旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
yujiさん、まいど。jさんから聞いたけどScott売りに出してるんだって?最近、バラシが多いのロッドを替えようかと真剣に考えたよ(笑)
Posted by Blue Back at 2005年05月08日 13:30
BBさんどうも。
これはロッド買うって意味?
jさんはその気がないようだし、良いですよ。
Bさんの方が大事に使ってくれそうだしね。
詳しくは別の場所で。
Posted by yuji at 2005年05月09日 01:24
健康的なyさん、どーもです。

>Bさんの方が大事に使ってくれそうだしね。
詳しくは別の場所で。

チェックしてないと何を書かれているか非常に危険な感じ(笑)

それとさ〜〜
今度、Jack Johnsonって言う人の音楽聞かせて下さいね〜〜。車にCDは付いてないんで宜しく!!

Posted by j at 2005年05月09日 09:54
Jさんどーも、あっ見てた?(笑)
特に危険なことは書いてないですよ。

Jack Johnsonは、3枚ともハズレなしです。
北Kで、ライズもなくまったりと太陽が沈んで行く時なんかにBGMとして流れていたらピッタリという感じ。
これじゃ解らないか?(笑)

> 車にCDは付いてないんで宜しく!!

なになに、これってテープにダビングしてこいってこと?
まぁそのうちってことで、、、
Posted by yuji at 2005年05月10日 01:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3501204

この記事へのトラックバック

『Cui cui』川内 倫子
Excerpt: Cui cui川内 倫子Amazonで詳しく見る by G-Tools Cui 
Weblog: 円相堂
Tracked: 2005-05-10 11:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。