2005年04月02日

<旅先通信>ニュージーランド南島 8

一昨日テアナウからゴアに移動してきた。

テアナウでは、2日間E川で釣りをした。
ミルフォードサウンドへ行く道の脇を流れている。
背後の山々、広がる草原、抜群にクリアな流れ、とても好きな美しい流れ。
2日目は午後から快晴になったし、天候もまずまずだった。
それで肝心の釣果だが、相変わらず1日1匹しか釣れていない。

nz050330.jpg

まったく100匹釣り男ならぬ「1匹釣り男」。
やれやれ、という感じだが、自分的にはこの美しい川を歩いているだけで、満足度は高いのだ。
(決して強がりではない)

昨日はゴアを流れるM川を釣った。
この川では、長さ1センチに満たない小さなメイフライ(蜉蝣)の生息数が膨大なため、50センチ前後のブラウントラウトは、そのメイフライを飽食している。
魚の数もまた多い。

それで、当然使うフライも非常に小さくなる(18-20番)。
50センチのマスと1センチ以下の小さなフライ。
このバランスがとても面白い。

天気は非常に良かったが午前中は風がすこし強かった。
ちなみに気温は今の時期の東京とだいたい同じだと思う。
午後になると風も弱くなり、メイフライのスピナーが目立ちはじめ、2時になると、その数はとても多くなり、水面にライズが広がり始めた。

このポイントの魚は非常に神経質なので、ストーキングして近よる。
ティペットも6Xまで落とし、タイミングを見計らってフライを流すが、なかなか食ってはくれない。
それはそうだ、本物の餌さえ用心深く見切りながら食っているぐらいだから。

魚がクルージングしている場合が多く、このタイミングが難しい。
逆にタイミングがピタリと合えば、意外なほどあっさり食ってくれる。
偽物のエサを食ってしまった直後に「あっヤバイ」という感じで反応する魚のしぐさが可笑しい。

結局このスピナーフォールは延々と続き、2時間ほどで、5匹の魚をキャッチできた。
そして、やっと1匹釣り男から卒業することができた。

ところで、テアナウからの移動途中、道端に警察の車が停まっていた。
(小心者の僕は、違反をしてなくてもドキッとしてしまう)
僕が通過したあと50メートルほど離れていた車の前で、突然点滅灯を点けて動き出し、その車を停止させた。

手前にレーダーが設置されていたのかもしれない。
制限速度を守って走っていながらも、一瞬ドキっとした。
NZでは10キロを超えない違反は、取りしまらない事になっているそうだが、それ以上の違反は、しっかり捕まえるようだ。
ポリスカーも頻繁に見かけるので、ニュージーランドで運転する場合は、注意したほうが良い。

ゴアには、恐らく日本語の使えるネットカフェはないので、30分ほど車を走らせ、インバーカーゴまで来ている。
そんな訳で、しばらくは頻繁には更新できないと思う。
posted by yuji at 08:51| Comment(6) | TrackBack(0) | 旅先通信 / NZ 編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すぎやまさん
とむです。いい釣りされているようですね。
EG川はきれいな川ですよね。「NZ茶鱒。。案内」では、魚がすれていないとコメントがあるけど、私も数年前にいったときは、一日つってやっと一匹釣れたのみでした。個人的には結構難しいと思うんですけど。。
テアナウエリアは私が一番好きなところですね。
もう7年ぐらい前から、年に一回はいきます。

今回オレッティは行かないんですか?わたしの分までリベンジしてきてくださいよ。7,8lbクラスがねらえるところはあそこしかないでしょう。
ゴアのM川で2時間で5匹ですか?中々いい釣果ですよね。わたしはそんなにつれたとないですね。
私が下手なだけか?でもM川は魚が小さいですよね。4lbがでれば大きいほうなんではないでしょうか?
つりの方ますますがんばってください。かげながら応援していますので。。。。
PS 私もバツ一で今嫁さんを探していますがNZでは中々見つかりません。涙。釣ばかりやってるとだめですかね?
Posted by とむ at 2005年04月02日 16:49
とむさん、どーも。
イースターホリデーは何処か行ったんですか?
EG川確かに相当すれてますよね。
ただ全くウブな奴もいるんですよ。
一度フライに反応して、すっぽ抜けた後に、
平然とライズを繰り返して、またフライに食いつくような。
まったく不思議です。

オレッティはテアナウからの移動途中に一応寄ってみましたが、
今回もC&R区間には入れず、その下流エリアでしたが、、、、
毎回、もうオレッティに行くのは止めようと思いながら、
1回は、お約束という感じで行ってしまいますね。

PS 釣りばかりやってると、やっぱり嫁さんは無理でしょ!(笑)
  ぜひKiwi女性をgetしてください!!
Posted by yuji@管理人 at 2005年04月04日 08:49
爆釣じゃないですか!!
この調子で、更なるサイズUpを期待してますね。日本もそろそろ、サクラ開花時期でしてnewsでも色々と報道されてます。

もっとも私には、サクラ開花より、ハッチのタイミングの方が気になるんですけどね(笑)

それでは、また。
写真が楽しみですわ〜〜
Posted by j at 2005年04月04日 10:47
何か分からないけどコンピューターで見れなくなった〜?同じブログサーバーのものは見れるから、設定が変わった?

これは、携帯からの書き込み、ブラウザでの確認が出来なくなって気が付きましたので念のため。
Posted by j at 2005年04月04日 22:14
何か分からないけどコンピューターで見れなくなった〜?同じブログサーバーのものは見れるから、設定が変わった?

これは、携帯からの書き込み、ブラウザでの確認が出来なくなって気が付きましたので念のため。
Posted by j at 2005年04月04日 22:14
Jさん、どうも。
おそらく条件的に一番良いスピナーフォールでした。
増水から引いてきた状態でしたから。
しかも、ほぼ無風で無数に水面に落ちていたので。

その後はなかなか厳しく、かつ楽しいライズを楽しんでます。
しかし、昨日の雨で激増水したので、少なくても3日間はダメでしょう。
今日は近くの支流も全滅だったし、もう終戦かも。

ちなみにこの川は、とむさんも書いているように、
魚の数が多い代わりにサイズは45−55といったところで、
それ以上はほとんど釣れないので、サイズアップは難しいのです。

見れないのは、一番混み合う時間帯だからだと思います。
ライブドア同様、このブログもあんまりサーバーに余裕がないんですよ。
Posted by yuji@管理人 at 2005年04月05日 14:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。