2005年05月28日

【 サウンドトリップ 】Jack Johnsonの音楽と旅

050528.jpg

長い時間、車で旅をしていると音楽は欠かせないものとなる。(みなさんもそうでしょ?)
今年のニュージーランドでの旅は、iPod miniを持っていったので、お気に入りのアルバムは沢山持っていけたのだが、旅の終わりの方ではず〜〜っとジャック・ジョンソンばかり聴いていた。

長めの旅も終わりにさしかかると、「もう帰らないといけないのか」「あっという間だった」「旅先で出会った人ともっと話したかった」「まだ帰りたくない」「今年はあの人と会えなかった、どうしてるかな?」「あの時は楽しかったな」「オレこんなことしてて良いのかな」・・・・といろいろと複雑な気持ちをかかえることになる。
今年もやはりそうだったのだが、ジャック・ジョンソンのアルバムは、そんな不安定な気持ちの中に染み込んできた。

ジャック・ジョンソンは、あれだけ売れている今も生まれ故郷のハワイ・オワフ島をベースにして活動しているそうだ。
雑誌 " Coyote (コヨーテ) "の3月号はハワイの特集で、ジャック・ジョンソンはこのようにインタビューに答えている。

一時期住んでいたカルフォルニアから離れ、故郷に戻った彼は、
「サーフィンができなくなる、あるいは友人や家族との信頼関係が壊れる恐れがあった。信頼を失うくらいなら、すぐにでもギターを捨てることが出来る」
「幸せを感じさせるものはハワイにある。そして僕を特別な人間として色眼鏡で見ないやさしさもある」

彼の音楽を表現する時に「空気感」という言葉がよく使われる。
この空気感を生み出しているのが、彼が忘れずに大切にしているオワフでの生活だということが、記事を読んで良く分かった。
彼が生み出す変わらない音楽スタイル、そしてそれが僕の不安定な気持ちに安らぎをもたらしてくれる理由も、、、

■ジャック・ジョンソンのアルバムをアマゾンで見る


「人気blogランキング」

「旅ネタ・ドット・コム」

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリックお願いします。

posted by yuji at 23:51| Comment(4) | TrackBack(0) | サウンド・トリップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。