2005年05月23日

【 FF 】できれば、ムカつかずに釣りをしたい

いま知り合いに「これからフライフィシングを始めたいんだけど、、、」と言われたら、たぶん答えに困るだろう。
自分でも満足できる川がないのに、初心者を連れて行って「どぅ?楽しいでしょ?」なんて言えるわけがない。

インターネットなどで情報がすぐに伝わるからかもしれない。
最近は魚が多い川はとにかく人が多く、釣れなくなると、ぱったりと人が途絶えてしまう。しかも、美しい渓相の川ほど、あっという間にその姿に似つかわしくないほど魚がいなくなってしまう。そんな傾向が強くなったように感じている。

個人的には、割り込まれたり割込んでしまったりのストレスフルな釣りはしたくないので、必然的に人の少ない(=釣れそうもない)川に行くことが多い。

050523_1.jpg

伊豆の渓流もそんな川のひとつだ。解禁直後の3月と他の渓流が禁漁になる10月にしか、釣り人に注目されない。
だから、まだ鮎釣りも解禁されていない時期は、川で釣り人に会うことはあまりない。それに、地元の人と話しても「ヤマメ釣りか? 釣れないだろ」とたいてい言われるし、海が近いせいか、そもそも渓流釣りにはあまり興味がないようにも思える。
※伊豆で釣れるのはアマゴだが、地元の人はヤマメと呼んでいる

なにしろ、釣り券を買いに行っても「どうせ釣れないぞ」感が伝わってくるもの。
渓流釣りが盛んな地域では、こっちが聞かなくても「あそこはデカイのいるよ」なんて嘘か本当か良く分からない情報を教えてくれるのだが、、、。

050523_2.jpg

いつもの場所に車を止めて、川への小道を歩いている途中、広場でゲートボールをしてるお年寄りに挨拶すると「ヤマメか? 釣れないぞ」とやっぱり言われた。

それでも、小さいながらもアマゴが3匹釣れた。
実を言うと、2年前に注文したバンブーロッドが手元に届き、この日初めて使った。伊豆の川では、いつもは釣れてしまうハヤやオイカワといった雑魚が、不思議とこの日は1匹も釣れなかった。
それもあり、2時間ほどの短い間の釣りだったが、それなりに楽しめた。

ただ、きれいで飽きのこない景色の中で、楽しく釣りをしたい。それなりの大きさの美しい魚が何匹か釣れて欲しい、それさえも今の日本では難しくなってきている。
ならばせめて、できればムカつかずに釣りをしたい。

050523_3.jpg

050523_4.jpg

「人気blogランキング」

「ホームページランキングネット」

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリックお願いします。

posted by yuji at 02:26| Comment(5) | TrackBack(0) | FF / アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。