2005年05月13日

【 近景 】空を見あげてるヒト、を見に行く

050513_1.jpg

厚木基地って知ってますか? と聞いてどのぐらいの人が知っていると答えるだろうか。
初対面の方と住んでいるところの話になった時に、この質問をよくする。なにしろ僕が住んでいる神奈川県の中央のあたりって、あまり特徴がない。
横浜の中心からは近いわけでもなく、かといって湘南、というわけにもいかない。車のナンバープレートの相模が「相撲ナンバー」と呼ばれるジョークがあるぐらいだ。だから厚木基地が近い、ってことぐらいしか説明しようがないのです。

それで、その質問した感じだと、まぁ半分ぐらいは知っている、4割ぐらいは聞いたことはある、残りの人が知らない、という感じかな。
ただ、厚木基地ったって厚木市にあるわけではなく、実際には綾瀬市と大和市にまたがるかたちで、厚木にはまったく接してもいない。このことは、神奈川に住んでいる人でさえも知らなかったりする。


そもそも厚木基地は、1941年から日本海軍の基地として使われはじめ、そのあと終戦後にはアメリカ軍に接収された。1945年8月30日、日本を統治するためにマッカーサー元帥が降り立ったのが、この場所だったのは有名な話だ。

それで現在はというと、横須賀を母港としている米空母キティホークの艦載機(FA-18Eスーパーホーネット)が飛来するほか、共同で使用している自衛隊の飛行機も飛ぶ。

この艦載機はとにかく騒々しい。僕の家はちょうど周回コースの真下にあるので、窓を閉じていても、テレビの音は全く聴こえなくなる。電話している時に通過すると、会話を続けることができず「ちょっと待っててね、、、」と20秒ぐらいは相手に待っててもらうことになる。
それでも今は、訓練飛行の多くは硫黄島の飛行場で行われているので、ずいぶんマシになったとは思うが、、、

050513_2.jpg

そんな厚木基地も、航空マニアにとっては貴重な存在なのだろう。平日だろうが飛行機が飛ぶ日は、けっこうな数の人々がカメラを構えていたりする。中にはかなり遠くから訪れている人もいるのではないか。
この気持ちはわからなくはない。しかしながら、この騒音にずいぶんと長い間付き合わされている人間としては、飛行機を見あげて素直に楽しめる気持ちにはならないのも確かだ。

過去には、戦闘機の墜落、部品やミサイルの落下などあった。
そして昨年から、キャンプ座間(厚木基地から直線距離5キロぐらいの所にある)への米陸軍第一軍団司令部移転、北朝鮮のミサイルや核開発、そして米軍による北朝鮮への先制攻撃か?、と問題は続いてくる。
この先は、果たしてどういった展開がまっているのだろうか。
もし北朝鮮のミサイルが、すでに配備されているとしたら、この厚木基地や座間キャンプは間違いなくその対象となっているだろう。

ところで、そんなことを考えながらこの文章を書いていて、気がついたことがある。
なにしろ相手は北朝鮮。
なんてったってテポドンだ。
、、、狙いどおりに飛んでくるわけがないじゃないか。

ということは、逆にここは一番安全だと言えるに違いない、、、、たぶん。

ランキングサイト登録しています。

「人気blogランキング」

「ホームページランキングネット」

明日への活力! クリック、クリック!!

posted by yuji at 01:57| Comment(4) | TrackBack(1) | 近景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。