2005年05月30日

【フライフィッシング】僕が桂川での釣りをやめた理由

050529.jpg

友人達に「もう桂川では釣りをしない」と宣言してから2年が経った。その間、一度だけ付き合いで川原に1時間ほど立っていた事はあったが、それ以外は竿を持って川原に行ったことはない。(忍野地区は除いて)

山梨県内を流れる桂川(正式名称は相模川)は、山中湖や忍野村内の湧水を水源とし、富士吉田市、西桂町、都留市、大月市内の湧き水や雨水を集めながら下り、神奈川県内に入ると相模川と名前を変え、相模湾に流れ込む。
神奈川県内の水道水の約40%(宮ヶ瀬ダムを入れると60%)は、この相模川を水源としている。

1.小型のダンプカーがバックしてきて、護岸の上から川原に向けて建築廃材を捨てていく
2.川の流れの中に立っていると、オバちゃんが上流の橋の上から生ゴミを捨て、僕の周辺をゴミが流れていく
3.とある支流で、川から崖の上を見上げると、住宅の庭から、くっきりとゴミを捨てている跡が残っている(=日常的にゴミ捨て場にしている)
4.とある支流では、生活排水だけでなく汚水まで流れ込んでいるような匂いが漂う場所がある
5.富士吉田市内の支流で釣りをしていたら、川が紫色に染まった、染色工場が排水を流しているそうだ
6.とある支流で釣りをしていたら、雨も降らないのに突然川がドロドロに濁った、なにか工場の排水のような匂いがする
7.川原に建築廃材が山のように積まれている
8.川に冷蔵庫が沈んでいる
9.川にオートバイが沈んでいる
10.一見綺麗に見える水だが、川の中を歩くと川底に溜まったヘドロからメタンガスが浮いてくる

全てが日常的なことではないが、これは現実に体験したことだ。そして、この川が尋常でないほどゴミが多いことは、富士吉田、西桂、都留、大月あたりの桂川へ通っている釣り人にとっては、常識となっている。しかもここでは、観光客が捨てる空き缶だけではなく、明らかに日常生活の中から生まれるゴミが多い。
釣りをしない一般の人が、どの程度この現状を知っているのだろうか?(少なくても神奈川県民はこのことを知っておいた方が良いと思う)

かつて、川が生活の中心にあった時代があったはずだが、いま川は生活の裏側を流れる、都会の真ん中では地下を流れている場合もある。もっとも現在でも世界を見渡せば、川を中心に生活を営んでいる人達がまだまだ存在するが、、、

あまりアウトドアと接点がなかった僕が、川へ行くようになったのはフライフィッシングがきっかけだった。おかげでそれまでとは違った視点を持てることになった。
かなり山奥に行っても、交通量が多い道路脇やキャンプ場などが多いエリアでは、空き缶やコンビニの袋などのゴミが多い。これは、川の側から見た時に初めて気付くことで、道路側から眺めても「緑が美しいね」ぐらいにしか見えない景色だと思う。

桂川は豊富な湧水のおかげで、魚の成長が早い。他の小渓流とは比較にならないほど大型のヤマメ、イワナ、ニジマスなどの魚が釣れるため、釣り人にはとても人気がある。
僕もある時、偶然に巨大な魚を掛けてしまって以来、しばらくは足繁く通っていた。それでも、だんだん行くことが憂鬱になって来て、あるときプッツリと釣りをする気になれなくなってしまった。
その後、古本屋で見つけた古い雑誌の中で、僕の気持ちを代弁してくれている記事を見つけた。


もう7、8年前になると思うけれど、僕は山梨県大月市を貫流する桂川にアマゴを求めて熱心に通っていた時期があった。
僕は当時、桂川に通いながら、なんだかやたらとイジケていたのである。ただ釣れるという理由だけで桂川に通っている自分と、川で会う釣り人を軽蔑するようになった。
知っている方も多いと思いますが、大月を流れる桂川には生活必需品のあらゆる残骸が投げ捨てられています。今思い出しても、それはさながらゴミ箱の中の釣りであった。だが、そんな川でも釣れるから人が訪れる。そのことに漁協も甘えて、川の凄まじい有様には眼をつむっているとしか僕には思えなかった。釣り人が訪れなくなれば、地元も考えを改めるかもしれない。釣り人は積極的に桂川を釣り場から外して無視すべきだ、と僕は考えた。
僕は自分で言うのもなんですが、釣りに行けば必ず入漁券を買い(当然でした。ごめんなさい)、昼食は川の近くの食堂かパン屋で求めた物で済ませるように気を遣っている。どうしてそうするのかというと、いい川のある街の店は釣り人の僕の落とした金で多少なりとも潤ってもらいたい、と考えているからです。だから、そんな僕が桂川に行くのをやめるというのは、それが僕にとっての大月市民に対する小さな小さな経済制裁のつもりだったからです。
(フライの雑誌18号/1991年12月発行「川を利用した大規模ゴミ処理装置がある街」碓井昭司著より一部抜粋)


これは、もう20年も前のことだから、現在の状態と比較することは難しい。それでも相変わらず "ゴミの多い川" であると釣り人の多くが感じている。

僕にとってはもう、桂川での釣りは "吐き気がするほど" 不快なことだが、かといってこの川での釣りを楽しんでいる他の釣り人を非難するつもりはない。
釣り人が川にいることが、ごみを捨てようとする人に対しての抑止力になる、という考え方もあるかもしれない。
だから、釣り人には少しでも川にゴミを残して欲しくないし、ゴミを捨てようとすることに対して敏感でいて欲しいと思う。
ただし、そういった中には、荒っぽい人達もいるだろうから、くれぐれも気をつけて欲しい。

「人気blogランキング」

「旅ネタ・ドット・コム」

ランキングに参加しています。
生意気なことを書いちまいましたが、よろしければクリックお願いします。

posted by yuji at 00:49| Comment(46) | TrackBack(3) | FF / アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月28日

【 サウンドトリップ 】Jack Johnsonの音楽と旅

050528.jpg

長い時間、車で旅をしていると音楽は欠かせないものとなる。(みなさんもそうでしょ?)
今年のニュージーランドでの旅は、iPod miniを持っていったので、お気に入りのアルバムは沢山持っていけたのだが、旅の終わりの方ではず〜〜っとジャック・ジョンソンばかり聴いていた。

長めの旅も終わりにさしかかると、「もう帰らないといけないのか」「あっという間だった」「旅先で出会った人ともっと話したかった」「まだ帰りたくない」「今年はあの人と会えなかった、どうしてるかな?」「あの時は楽しかったな」「オレこんなことしてて良いのかな」・・・・といろいろと複雑な気持ちをかかえることになる。
今年もやはりそうだったのだが、ジャック・ジョンソンのアルバムは、そんな不安定な気持ちの中に染み込んできた。

ジャック・ジョンソンは、あれだけ売れている今も生まれ故郷のハワイ・オワフ島をベースにして活動しているそうだ。
雑誌 " Coyote (コヨーテ) "の3月号はハワイの特集で、ジャック・ジョンソンはこのようにインタビューに答えている。

一時期住んでいたカルフォルニアから離れ、故郷に戻った彼は、
「サーフィンができなくなる、あるいは友人や家族との信頼関係が壊れる恐れがあった。信頼を失うくらいなら、すぐにでもギターを捨てることが出来る」
「幸せを感じさせるものはハワイにある。そして僕を特別な人間として色眼鏡で見ないやさしさもある」

彼の音楽を表現する時に「空気感」という言葉がよく使われる。
この空気感を生み出しているのが、彼が忘れずに大切にしているオワフでの生活だということが、記事を読んで良く分かった。
彼が生み出す変わらない音楽スタイル、そしてそれが僕の不安定な気持ちに安らぎをもたらしてくれる理由も、、、

■ジャック・ジョンソンのアルバムをアマゾンで見る


「人気blogランキング」

「旅ネタ・ドット・コム」

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリックお願いします。

posted by yuji at 23:51| Comment(4) | TrackBack(0) | サウンド・トリップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月25日

【 旅する映画 】恋人までの距離 / ウィーン

僕がウィーンを訪れたのは2月だったから、とても寒かったはずだ。建築学科の学生だった僕は、建築のガイドブックを片手に毎日毎日相当な距離を歩き回っていたが、不思議と寒さについての記憶はまったく残ってない。
とても整然とした街並、あまり人気がなくガランとした地下鉄の駅、最上階の立ち見席でみた本場のオペラ、清潔で落ち着いた雰囲気のユースホステル、可愛らしいけど違和感があったフンデルトヴァッサーがデザインした集合住宅、合理性と優美さを兼ねそなえ知性を感じたオットー・ワグナーの郵便貯金局、、、、、
今となってはずいぶん昔のことだが、それらの事柄は断片的ながら不思議と鮮明に記憶している。

久しぶりに映画「恋人までの距離(ディスタンス) / BEFORE SUNRISE」」を観た。恋愛映画にはあまり興味がなかった僕が最初にこの映画を見たのは、そのころ好きだったジュリー・デルピーが出演していたからに他ならない。
それでも、これが並の恋愛映画だったら何度も見返すことはなかったはずだ。

ウィーンの街はこの映画の舞台となっていて、路面電車、プラター遊園地の大観覧車、王宮、ベルヴェデーレ宮殿、シュテファン寺院、クライネスカフェ、ドナウの川辺、オペラ座、船上レストラン、市立公園と風景は移動していく。
しかしながら、この映画の中心はあくまでも主人公2人の会話にあり、ウィーンの美しい風景は物語の背景でしかない。

主人公の2人、セリーヌ(ジュリー・デルピー)とジェシー(イーサン・ホーク)は、ウィーンに向かう列車の中で出会う。
大声で喧嘩をしているドイツ人夫婦を避け、セリーヌはジェシーの隣の席に移動してくる。

「夫婦は年を取るにつれ、お互いの声が聞き取れなくなるの」
「、、、なぜ?」
「年と共に男は高い声を識別できなくなり、女はその反対なの」
「だから、夫婦は殺し合わずに年を重ねられるのか、、、」

このように始まった2人の会話は、とにかく魅力的だ。
今風にいえば「恋愛力」のある言葉が、重ね合わされていくことになる。
たとえばセリーヌのこんなセリフ、

「もしも、神が存在するとしたら、それは人の心の中ではなく人と人の間でだと思う」

今年になって、この映画の続編「ビフォア・サンセット」が公開されたが、ちょうど旅行前の忙しい時期で見逃してしまった。
おそらくネットで検索すれば、あらすじが書かれたサイトがたくさん並ぶだろう。
でもじっと我慢しなければならない。
そして僕はこの2作がパックになったDVDセットを予約した。

ビフォア・サンセット / 恋人までの距離 ツインパック
(初回限定生産)
ビフォア・サンセット / ビフォア・サンライズ 恋人までの距離 ツインパック (初回限定生産)


「人気blogランキング」

「ホームページランキングネット」

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリックお願いします。

posted by yuji at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅する映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

【 FF 】できれば、ムカつかずに釣りをしたい

いま知り合いに「これからフライフィシングを始めたいんだけど、、、」と言われたら、たぶん答えに困るだろう。
自分でも満足できる川がないのに、初心者を連れて行って「どぅ?楽しいでしょ?」なんて言えるわけがない。

インターネットなどで情報がすぐに伝わるからかもしれない。
最近は魚が多い川はとにかく人が多く、釣れなくなると、ぱったりと人が途絶えてしまう。しかも、美しい渓相の川ほど、あっという間にその姿に似つかわしくないほど魚がいなくなってしまう。そんな傾向が強くなったように感じている。

個人的には、割り込まれたり割込んでしまったりのストレスフルな釣りはしたくないので、必然的に人の少ない(=釣れそうもない)川に行くことが多い。

050523_1.jpg

伊豆の渓流もそんな川のひとつだ。解禁直後の3月と他の渓流が禁漁になる10月にしか、釣り人に注目されない。
だから、まだ鮎釣りも解禁されていない時期は、川で釣り人に会うことはあまりない。それに、地元の人と話しても「ヤマメ釣りか? 釣れないだろ」とたいてい言われるし、海が近いせいか、そもそも渓流釣りにはあまり興味がないようにも思える。
※伊豆で釣れるのはアマゴだが、地元の人はヤマメと呼んでいる

なにしろ、釣り券を買いに行っても「どうせ釣れないぞ」感が伝わってくるもの。
渓流釣りが盛んな地域では、こっちが聞かなくても「あそこはデカイのいるよ」なんて嘘か本当か良く分からない情報を教えてくれるのだが、、、。

050523_2.jpg

いつもの場所に車を止めて、川への小道を歩いている途中、広場でゲートボールをしてるお年寄りに挨拶すると「ヤマメか? 釣れないぞ」とやっぱり言われた。

それでも、小さいながらもアマゴが3匹釣れた。
実を言うと、2年前に注文したバンブーロッドが手元に届き、この日初めて使った。伊豆の川では、いつもは釣れてしまうハヤやオイカワといった雑魚が、不思議とこの日は1匹も釣れなかった。
それもあり、2時間ほどの短い間の釣りだったが、それなりに楽しめた。

ただ、きれいで飽きのこない景色の中で、楽しく釣りをしたい。それなりの大きさの美しい魚が何匹か釣れて欲しい、それさえも今の日本では難しくなってきている。
ならばせめて、できればムカつかずに釣りをしたい。

050523_3.jpg

050523_4.jpg

「人気blogランキング」

「ホームページランキングネット」

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリックお願いします。

posted by yuji at 02:26| Comment(5) | TrackBack(0) | FF / アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月19日

【 街風図鑑 】熱川温泉 / 静岡県伊豆地方

050519_1.jpg

"あたがわ"とキーボードに打ち込んでも変換されない、なぜだろう? ご存知のように伊豆半島には温泉街が沢山ある。
熱海、湯河原、修善寺、伊豆長岡などなど。
その中で熱川温泉自体について特筆すべきこともないのだが、車で通りかかると何しろ「バナナ・ワニ園」が目につく。むしろ、目につくというのを通り越して、強烈に脳に刻まれているという感じかもしれない。
と書いておきながら、実はいまだここに足を踏み入れたことがない。(なんか、名前が強烈すぎてねぇ、、、)

調べてみると、もちろんワニもいるしバナナの樹もあるが、むしろ熱帯植物園という感じじゃないですか。
僕の頭のなかでは、バナナがたわわになっている中に、ワニ達がまったりと寝そべっている。という絵しか浮かばなかったのだが、、、。
強烈なインパクトのある名前で、これはもう1つのブランドかもしれない。
でも「バナナ、、、?、、、ワニ、、、?園、なにそれ」と、名前だけで入ることに二の足を踏んでいる人も意外に多いのでは?

050519_2.jpg

"射的"ってゆーと、イコール温泉街、という気がします(しませんか?)。
学生の時にゼミの卒論合宿と称して、熱川の旅館に泊まったことがあった。今考えると、なんでわざわざこんなところまで来て卒論を書かなければならんかったのか?と思うけれど。
そのとき帰り際に射的をやったのが、まさにここ、だと思う。すいぶん前の話だけど、まだ残ってました、ただそれだけの話。

050519_3.jpg

温泉街イコール、でもうひとつ。やはり"ストリップ劇場"はつきものですよね。
正直いって、個人的にはあまり入りたくないのですが、こういった"さびれたストリップ劇場"マニア、のかたもいるのでは?

★★今日のBGM★★
ルパン三世のサントラでおなじみ、ジャジーなジャパニーズ・モンド「山下毅雄」の未発掘曲集。
さびれた温泉街には良く似合う!
早すぎた奇才 山下毅雄の全貌〜未発掘編〜
早すぎた奇才 山下毅雄の全貌〜未発掘編〜

050519_4.jpg

050519_5.jpg


★★今日のおとりよせ★★
南伊豆の「金目鯛あぶり冷燻フィレ」





「人気blogランキング」

「ホームページランキングネット」

いつもクリックありがとう!!

posted by yuji at 02:08| Comment(3) | TrackBack(1) | 街風図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月16日

【 カフェ通信簿 】cafe LOKANTA / 静岡県河津町

050516_1.jpg


入り口の横にあるテラスから、目の前を流れる河津川を見下ろすと、青く輝く物体がサッと飛び立った。

カワセミだ!

国道から30mも離れていないこんな開けた場所で、この美しい野鳥をみれたのが嬉しかった。
外のテラスにあるカウンターを入れても20席程のこじんまりとしたお店。春から秋にかけては、このカウンターに腰掛けてちょいと一杯、というのは気持ち良さそうだ。

ちなみに、オープンしたのは2年前で、「ロカンタ」というのはトルコ語で大衆食堂の意味だそうだ。
年に何度かは訪れる河津だが、正直言ってあまり美味しい店が無いなぁ、と嘆いていた。
それだけに、1人でも気軽に入れそうなこんなカフェはありがたい存在。

ロケーション:★★★★☆
居心地   :★★★☆☆
こだわり度 :★★★☆☆

050516_2.jpg

050516_3.jpg


<LOKANTA kitchen&cafe / カフェ・ロカンタ>
静岡県賀茂郡河津町谷津426-9
*伊東方面から国道135号線で浜橋を渡り、セブンイレブンがある交差点を右折し、すぐ右側。
OPEN 11:00〜20:00
定休日:水曜日
TEL:0558-32-1600
駐車場:4台(無料)
メニュー:ドライカレー800円 /エスプレッソ400円 など
http://www7.plala.or.jp/LOKANTA/


ランキングサイト登録しています。

「人気blogランキング」

「ホームページランキングネット」

いつもクリックありがとう!!

posted by yuji at 23:23| Comment(3) | TrackBack(0) | カフェ通信簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月13日

【 近景 】空を見あげてるヒト、を見に行く

050513_1.jpg

厚木基地って知ってますか? と聞いてどのぐらいの人が知っていると答えるだろうか。
初対面の方と住んでいるところの話になった時に、この質問をよくする。なにしろ僕が住んでいる神奈川県の中央のあたりって、あまり特徴がない。
横浜の中心からは近いわけでもなく、かといって湘南、というわけにもいかない。車のナンバープレートの相模が「相撲ナンバー」と呼ばれるジョークがあるぐらいだ。だから厚木基地が近い、ってことぐらいしか説明しようがないのです。

それで、その質問した感じだと、まぁ半分ぐらいは知っている、4割ぐらいは聞いたことはある、残りの人が知らない、という感じかな。
ただ、厚木基地ったって厚木市にあるわけではなく、実際には綾瀬市と大和市にまたがるかたちで、厚木にはまったく接してもいない。このことは、神奈川に住んでいる人でさえも知らなかったりする。


そもそも厚木基地は、1941年から日本海軍の基地として使われはじめ、そのあと終戦後にはアメリカ軍に接収された。1945年8月30日、日本を統治するためにマッカーサー元帥が降り立ったのが、この場所だったのは有名な話だ。

それで現在はというと、横須賀を母港としている米空母キティホークの艦載機(FA-18Eスーパーホーネット)が飛来するほか、共同で使用している自衛隊の飛行機も飛ぶ。

この艦載機はとにかく騒々しい。僕の家はちょうど周回コースの真下にあるので、窓を閉じていても、テレビの音は全く聴こえなくなる。電話している時に通過すると、会話を続けることができず「ちょっと待っててね、、、」と20秒ぐらいは相手に待っててもらうことになる。
それでも今は、訓練飛行の多くは硫黄島の飛行場で行われているので、ずいぶんマシになったとは思うが、、、

050513_2.jpg

そんな厚木基地も、航空マニアにとっては貴重な存在なのだろう。平日だろうが飛行機が飛ぶ日は、けっこうな数の人々がカメラを構えていたりする。中にはかなり遠くから訪れている人もいるのではないか。
この気持ちはわからなくはない。しかしながら、この騒音にずいぶんと長い間付き合わされている人間としては、飛行機を見あげて素直に楽しめる気持ちにはならないのも確かだ。

過去には、戦闘機の墜落、部品やミサイルの落下などあった。
そして昨年から、キャンプ座間(厚木基地から直線距離5キロぐらいの所にある)への米陸軍第一軍団司令部移転、北朝鮮のミサイルや核開発、そして米軍による北朝鮮への先制攻撃か?、と問題は続いてくる。
この先は、果たしてどういった展開がまっているのだろうか。
もし北朝鮮のミサイルが、すでに配備されているとしたら、この厚木基地や座間キャンプは間違いなくその対象となっているだろう。

ところで、そんなことを考えながらこの文章を書いていて、気がついたことがある。
なにしろ相手は北朝鮮。
なんてったってテポドンだ。
、、、狙いどおりに飛んでくるわけがないじゃないか。

ということは、逆にここは一番安全だと言えるに違いない、、、、たぶん。

ランキングサイト登録しています。

「人気blogランキング」

「ホームページランキングネット」

明日への活力! クリック、クリック!!

posted by yuji at 01:57| Comment(4) | TrackBack(1) | 近景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月10日

【 旅レポート 】ニュージーランド後日談 3

050510.jpg


<こんな車が売れていた>

一度でもNZに行ったことがあれば、気付くと思います、とにかく日本車が多いと。正確な数字はわかりませんが、全体の7割ぐらいは日本からやってきた中古車が占めているのはないだろうか。
日本ではあまり見かけなくなったホンダの初代シティも、むこうではバリバリの現役だし、時には「**商事株式会社」なんてでっかく書かれた元営業車が、誇らしげに走っていたりする。

続きを読む

posted by yuji at 03:00| Comment(3) | TrackBack(7) | 旅レポート / NZ 編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月08日

【写真をめぐる旅】うたたね 川内倫子

050508.jpg

やっとゴールデン・ウィークも終わり。
もともとGWなんて関係ない僕は、ずっと仕事をしていた。もっとも「お前はさんざんニュージーランドで遊んできたじゃないか」とお叱りをうけそうですが、、、。
そんな訳で仕事以外で出かけたところといえば、近所のプチ森林公園ぐらい。

ここへは、1年前ぐらいから週に4日は通い続け、歩いている。1周30分ぐらいの多少高低差のあるコースを、2〜4周。距離にして6〜12キロぐらいになると思う。
普段、体力を使う仕事をしている訳ではないので、体力維持というのが1つの目的。そして、できればあと5キロぐらい減量したい。そうしたら、すこしずつ走ろうかな、と思っているだが、いっこうに痩せる気配がない。
それどころか、今の体重を維持するのがやっとで、雨で2日ぐらい歩かずにいると一気にリバウンドしてしまう。まったく困ったものだ。

話がずれてきてしまった、、、。
GW期間中でも、僕と同じように歩いたり、ランニングしたり、犬の散歩をしたり、といつものようにすれ違う人たちがいる。その一方で、普段見かけない人が、家族で遊びにきていたり、写真を撮っていたり、少年がスケボーをしていたり、子供達が池で小魚を捕まえていたり、する。
しかしながら、そんないつもとは違うことも、僕にとっては日常の一コマである事にかわりはない。

川内倫子の写真には、そんな日常を非日常に変えるような、不思議な力がある。
あたかも自分が、(存在しないはずの)エーテルになり、空中を浮遊しながら世界を被いつくしているような感覚。ある時は限りなく対象に近づき、次の瞬間には他の自分がすべてを客観的に見下ろしている。しかし、その存在はとても危ういバランスの上に立っていて、ふと気付くとすべてが蒸発してしまいそうな、、、。
一見、露出オーバーでピンぼけ、おまけに傾いている写真。ただそれだけの写真、のように見える。それでも、ほかの人には見つけられない、オリジナルな空気をとらえていると思う。

追記:
そういえば、この写真集には「世界の中心で、愛をさけぶ」の原作本の表紙写真。といえばわかる方も多いかもしれませんが、あの写真も収められています。

4898150527
うたたね
川内 倫子

関連商品
花火
花子
AILA(アイーラ)
Cui cui
The eyes,the ears,
by G-Tools

「人気blogランキング」

「ホームページランキングネット」

posted by yuji at 02:44| Comment(4) | TrackBack(1) | 写真/本をめぐる旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月06日

<旅レポート>ニュージーランド後日談 2

nz050506.jpg

■物価・旅の予算など

経済の好調さを反映して、ニュージーランドの物価は確実に上がっている。ちなみにNZ株式市場の平均株価は、この1年で20%程度上昇している。まぁどこの国でもある程度のインフレはあたり前なのだが、デフレ続きの日本から訪れると「あぁ、また値上がりしてる」と少々がっかりしてしまう。

続きを読む

posted by yuji at 01:42| Comment(2) | TrackBack(1) | 旅レポート / NZ 編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。