2005年03月29日

<旅先通信>ニュージーランド南島 7

nz050328.jpg

フィヨルドランドの玄関口、テアナウに滞在中。

現在の為替レート(1NZドル=80円)では、NZはけっして安価な旅先ではなくなってしまった。
数年前の1ドル45円時代とは大きなの差だ。

自炊をせずに食費を安くあげようと思うと、まずはフィシュ&チップス。
白身の魚を揚げたものとフライドポテトで大体5ドルぐらい。
田舎の店に行くと、日本人的には完全に2人前はある。
半分でいいから安くして、と言いたくなる。
(1/2チップスがある場合もある)

しかしながら、これは相当油っこいから1度食べると2日間は見たくなくなる。
(決して不味いわけではないけど)
動物性の油を使っているため体にも悪いようだ。
昼はサンドイッチを買っておくことが多いが、2つで6ドルぐらい。
日本のコンビニで買うのと代わらない。

それで夕食は御飯ものがあるって理由で、中華のテイクアウトにする事が多い。
中華はかなり小さな町でも1軒ぐらいは大抵ある。
野菜が多く取れることも良い点。
これもまた日本人的にはかなり油っこいが、個人的にはまだ許せる。
味は可もなく不可もなくの店が多い。

タイ料理の店もたまには利用するが、
クイーンズタウンでは、フードコートに新しくオープンしていた、インド料理屋が、けっこう美味しかったので3日間かよった。
3日目には、向こうも顔を覚えたみたいで、また来たのって感じでニコッとして、ライスを大盛りにしてくれた。
量は多めで8ドル。観光地ならこれでも十分に安い価格。

そういや、こっちで食べたカレーはどれもほとんど辛くない。
日本で食べる普通のカレーの方がずっと辛い。
こっちの人の味覚に合わせているって事なのだろう。

それなりのレストランで食事をすれば、日本のファミレス並にはかかってしまうし、日本の安いチェーン店(牛丼など)の存在を考えると、かえってNZの方が、高くついてしまうぐらいだと思う。
貧乏旅行者には、ちと辛い状況だ。

話はそれるが、クイーンズタウンの地方紙(フリーペーパー)の表紙に、ラリーストのモンスター田島氏の顔がでかでかと載っていた。
そういや、去年もちゃんとした一般新聞のスポーツ欄に、でっかく顔が出ていたし、こちらでも有名らしいです。
posted by yuji at 16:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅先通信 / NZ 編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。